ビタミンMAX-ビタミンで健康管理-

葉酸の効能や葉酸欠乏時の初期症状、葉酸を多く含む食品について説明しています

葉酸

葉酸は学名をプテロイルグルタミン酸といい、野菜や植物の葉に多く存在しているビタミンです。葉酸は赤血球を作るために必要なビタミンで、ビタミンB12と同じく「増血のビタミン」と呼ばれています。葉酸とビタミンB12はお互い協力しながら働くため、どちらかが欠乏しても能力を充分に発揮することができません。葉酸が欠乏すると、赤血球の生成が困難になるため貧血を起こすようになります。また、細胞分裂やDNAの形成にも関与し、たんばく質の分解、合成や、分解したアミノ酸から新たに細胞をつくり出し、成長を促します。このため葉酸不足は身体の成長に重大な影響を与えます。

このため、胎児や乳児に葉酸が欠乏すると、脳や神経の発育が充分行われなくなるため、神経管の閉鎖障害が起きる可能性が高くなります。妊娠中や授乳期の女性は、通常よりも多くの葉酸を摂取するようにして下さい。葉酸が不足すると、口内炎や舌炎などの初期症状が現れるようになり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍ができやすくなります。

葉酸を多く含む食品は、ほうれん草、ニラ、アスパラガス、モロヘイヤ、ブロッコリー、大豆、ソラマメなどです。

Copyright 2008-2013 ビタミンMAX-ビタミンで健康管理- All Rights Reserved.