ビタミンMAX-ビタミンで健康管理-

ビオチンの効能、ビオチン摂取によるアトピー性皮膚炎の治療や、ビオチンを多く含む食品について説明しています

ビオチン

ビオチンは、名前と学名が同じビタミンで近年発見されたビタミンです。ビオチンは糖質や脂肪、タンパク質の代謝を助け、エネルギーに変える働きをします。とくに糖質のエネルギー代謝に大きな役割を果たしています。ブドウ糖が細胞内でエネルギーになる工程で、カルポキシラーゼという酵素により、オキザロ酢酸という物質をだすのですが、このオキザロ酢酸が肝臓に送られ、再びブトウ糖に生まれ変わります。これらの循環を「糖新生」といいますが、ビオチンは、カルポキシラーゼを助ける働きをするため「糖新生」に欠かすことのできない大切な物質となります。

また、ビオチンはアミノ酸や脂肪の代謝にも関係していて、神経組織や皮膚、髪、甲状腺を正常に保つ働きをしています。通常の食事をしている限り不足することはないのですが、生卵を毎日食べている人は注意が必要です。生卵の卵白には、ビオチンと結合することにより、ビオチンの消化、吸収を妨げる働きをする物質が含まれています。そのため生卵を毎日食べている人は、ビオチンが不足する可能性があります。加熱処理をすることでオチンの吸収を阻害しなくなるので、卵を食べるときは加熱処理をするようにしましょう。さらに最近の研究で、ビオチンはアトピー性皮膚炎を抑制する働きがあることもわかってきました。アトピー性皮膚炎の原因となるヒスタミンの元となるヒスチジンを体外に排出する作用があるのです。この他にも、DNAの成分の核酸を作るなど、私たちの生命維持活動に必要な補酵素がビオチンなのです。

ビオチンを多く含む食品は、大豆、卵、レバーなどです。

Copyright 2008-2013 ビタミンMAX-ビタミンで健康管理- All Rights Reserved.