風邪に効果のあるビタミン-ビタミン効果

ビタミンMAX-ビタミンで健康管理-

風邪に効果のあるビタミンといって思い浮かぶのがビタミンCではないでしょうか。ノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士の研究によって広まったのですが・・・

スポンサードリンク

ビタミンワンポイントビタミン効果

風邪に効果のあるビタミン

風邪の原因は一つではないでしょうが、原因の一つとして、ビタミン不足によるものがあげられます。ビタミン不足による倦怠感や食欲不振。それによって免疫力が下がり風邪を引き起こしてしまうという悪循環になります。


このようなことにならないためにもビタミン不足を解消しておくことが必要でしょう。ただやみくもにビタミンを取ればよいというのではなく、バランスのとれた摂取が求められます。過去においてノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士の"ビタミンCを大量に摂取する事で風邪の予防が可能"だという説がありました。


ウィルスを攻撃する白血球を活性化させるためには、ビタミンCの大量摂取が有効だという博士の説は、確かに風邪ウィルスを退治させる細胞を増やすという面では一理ありました。しかし、ビタミンCが水溶性というところで疑問視もされています。


必要量以上は、体外に排出されるという水溶性ビタミンを大量摂取しても無駄になるだけでしょう。また、視線を変えれば、ビタミンAには鼻・のど・胃の粘膜を健康的に保ち免疫能を維持して、外部からのウィルスの侵入を防ぐ効果があります。これは風邪にとても有効でと言えるでしょう。


このように、風邪にはビタミンCだけでなく、ビタミンAの効果も十分に役立ってくれます。風邪をひかないためには免疫力を高めるのが有効であり、またそのためには様々な栄養素と共に偏らないビタミンの摂取が必要となります。


ただ気をつけなければいけないのは、ビタミンCは水溶性で過剰に摂取しても排出されるだけですが、ビタミンAは脂溶性で身体に溜まってしまうということです。ビタミン過剰症を引き起こす可能性に気をつけることが必要です。

Copyright 2008-2014 ビタミンMAX-ビタミンで健康管理- All Rights Reserved.