ビタミンMAX-ビタミンで健康管理-

緑黄色野菜や豆類など、葉酸を多く含む食品について説明しています

葉酸を摂取できる食品

葉酸は、野菜やフルーツ、肉類に含まれています。中でも緑黄色野菜に多く含まれ、ほうれん草、ブロッコリー、パセリ、春菊、モロヘイヤなどに含まれています。ほうれん草などはゆでたり焼いたりすることで葉酸が壊れてしまいますので、出来るだけ生で食べるとよいでしょう。それ以外にも、豆類にも含まれており、枝豆、ソラマメ、大豆からも摂取できます。海藻類にも多く、海苔にも葉酸は多く含まれています。海苔は煮たり焼いたりせずに食べる食品ですので、葉酸が壊れることなく摂取できます。肉類であれば、レバーに多く含まれており、鶏レバー100gに1300μg、牛レバー100gに1000μgもの葉酸が含まれているそうです。しかし、レバーには脂溶性ビタミンのビタミンAが多く含まれているため、ビタミンA過剰症とならないように気をつけながら摂取しなくてはいけません。肉、野菜、フルーツを偏ることなく上手に食べたいものです。葉酸は胎児の成長に必要な栄養素です。また、ガンの予防認知症の予防などにも効果があります。妊婦ではなくても上手に摂取したい栄養素です。葉酸自体は、水溶性ビタミンですので、摂りすぎたとしても自然と体外に排出されます。

ビタミン コラム

Copyright 2008-2013 ビタミンMAX-ビタミンで健康管理- All Rights Reserved.