ビタミンMAX-ビタミンで健康管理-

水溶性のビタミンである葉酸の特徴について説明しています

葉酸の特徴

葉酸は、水溶性ビタミンの仲間でビタミンMというものになります。ビタミンというと眼に良いビタミンAや疲れにビタミンB、美白にビタミンCなどが有名なところですが、葉酸も最近では非常に注目されています。葉酸は、女性が妊娠する前から摂取し始めると、良いといわれるビタミンです。DNAの合成に必要なビタミンで無脳児の発生のリスクを軽減する役割があるといいます。産婦人科でも勧めているビタミンです。最近では、妊婦用に鉄分と葉酸が入ったサプリメントも販売されています。葉酸は、1941年にほうれん草の葉の中から発見され、「葉酸」の名前もほうれん草(ラテン語でfolium)が由来となっています。葉酸を多く含む食品は、ほうれん草、果物、レバーを食べるとよいでしょう。しかし、葉酸は、調理や長期保存によって破壊されてしまうビタミンです。新鮮な野菜を食べるよう心がけましょう。また多目の飲酒は葉酸の吸収を妨げますので気をつけましょう。葉酸は、水溶性ビタミンですので多めに摂取した場合には、体外に排出されます。ですので、多少多めに摂取しても問題はありません。これから妊娠をと考えている人は、是非、忘れずに摂っておきましょう。

ビタミン コラム

Copyright 2008-2013 ビタミンMAX-ビタミンで健康管理- All Rights Reserved.