ビタミンMAX-ビタミンで健康管理-

ビタミンEの効果や効能について説明しています

ビタミンE

ビタミンEはCとともに、アンチエイジング、老化防止のビタミンとして注目を集めています。私たちの身体は、いろいろな栄養素を燃焼してエネルギーに変えています。この過程で有害な過酸化脂質が作られるのですが、この過酸化脂質が細胞の新陳代謝を阻害することにより、老化現象をひきおこします。ビタミンEには、この過酸化脂質の生成を抑止する働きがあるため、アンチエイジング、老化防止に役立つのです。

ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールがあり、それぞれα、β、γ、δの4種類ずつ存在するのですが、一般的にビタミンEといえばαトコフェロールをさします。 血液中には、善玉コレステロールと悪玉コレステロールが存在していて、血流の流れを邪魔するのが、悪玉コレステロールです。善玉コレステロールはこの悪玉コレステロールを除去する働きがあり、ビタミンEは、善玉コレステロールを増やす役割があります。このためビタミンEを摂取すると、血液の流れがよくなり、末梢の毛細血管を拡張させ、血管を強化することができます。その結果、血管壁に沈着しやすい中性脂肪を減らしたり、新陳代謝が活発に行われるようになることで、肌の潤いや張りを保つことができます。肩こり冷え性で悩んでいる人は、ビタミンEを摂取することで、末梢神経の血行がよくなり症状が改善されます。

Copyright 2008-2013 ビタミンMAX-ビタミンで健康管理- All Rights Reserved.